図1.jpg

QUSPIN社製 光学ポンピング磁力計

QZFM

QZFM-Wide-Crop1-768x370.png

人間の脳を中心として内外部の磁場が生体に与える影響などについての研究分野に適当です。
低磁界環境で動作する超高感度なベクトル磁力計です。
超電導技術に匹敵する性能を備えた、最も感度の高い磁気検出器の一つです。
センサーヘッドは室温で動作が可能、レーザーを他のコンポーネントと統合し、
光ファイバーや極低温装置などからの複雑さを排除します。
自己校正を行い、2つの軸に沿った磁界成分を同時に測定することが出来ます。
※電源スイッチを入れてから安定するまでに数分間を要します。
※センサーヘッド内部にはヒーターが備わっており150℃近くまで上昇しますが外部に影響はありません。



QTFM

QTFM-Wide-extra-small-300x119@2x.png

地球環境のフィールドでの磁場関連の研究に適当です。
非常に正確で非常に小さいフィールドの変化を解決することが出来ます。
海の音や音波、地震波などのスカラー振幅を測定します。
この世界最高性能のセンサーはコンパクトで低消費電力で、磁気観測や小型モバイル
プラットフォームなど、幅広い既存および新興アプリケーションでの使用に理想的です。


【測定原理】
QZFM-Schematic-2-300x213@2x.jpg
①レーザー、②気体状態のルビジウム原子を含むガラス蒸気セル、③光検出器から構成されています。
蒸気セルの周囲の磁場を局所的にゼロにするために、センサーヘッドに3軸直行磁気コイルのセットを
組み込んでいます。
磁場調整コイルは、最大50nTの残留磁場をオフセットすることが可能です。
測定プロセスは完全に自動化されているため、わずか数秒で完了することが可能です。

【QuSpin】A compact,high-performance atomic magnetometer for biomedical applications Phys Med,Biol.2013

【購入時に含まれているもの】
QZFM-package.png
1.センサーケーブル
2.電子モジュール
3.モジュレーションケーブル
4.アナログアウトプットケーブル
5.USBケーブル
6.保護キャップ
7.電源ケーブル
8.下図の解析ソフト
QZFM_UI_w-sensors-1.png

本製品は英語による技術表現や説明、使用方法を理解できる必要がございます。
仕様詳細、使用方法などは下記のQUSPIN社URLにございますのでご参照下さい。

quspin_logo_footer.png
http://quspin.com/

※弊社はQUSPIN社製品の総代理店ではございません。


お気軽にご相談、お問合せ下さい。
無題.png